塾長のブログ

財を残すは下、事業を残すは中、人を残すは上なり

後藤新平という明治の政治家をご存知ですか?

 

私が後藤新平を知ったのは、前職の支社長時代のことでした。

支社長と言っても、もともとある組織を管理するわけではなく、自ら採用育成し組織を作っていくという仕事でしたから、自分は何のために人を採用し、どのように人を育てていくのかを常に自問自答していました。そんな時、後藤新平を知り、彼のように生きたいと憧れ始めたのです。

 

出世よりも、自分の信念を大切にし、常に国民のためにあらゆる事業を次々と成し遂げていく。
私財よりも、他人の信念を大切にし、あらゆる事業や人を残していく。

そんな後藤新平を知れば、憧れてしまう人は、少なくないと思います。

 

後藤新平の全てを真似することは出来ませんが、前職の支社長時代から、これだけは意識しようと思っていたことがあります。

 

それは、彼が遺した言葉で、
『財を残すは下、事業を残すは中、人を残すは上なり
されど、財なくんば事業保ちがたく、事業なくんば人育ちがたし』

この言葉は、名監督と言われた故野村克也氏の座右の銘でもありました。

 

私は、これこそ究極のリーダーシップの考え方だと思います。

 

組織を永続的に継続・繁栄させていくためには、残すものは「人」なのだと思います。

 

そして、正しく「人」を残すためには、正しく「仕事」をしなければいけないと思うし、正しく「仕事」をすれば、そのために必要なお金が入って来るのだと思います。

 

育成という仕事はやりがいのある仕事だと思います。

 

ダルマ塾のモットーの一つとして、

『売れる人を見つけてくるよりも、 売れない人を売れるようにする。これが育成の醍醐味』
です。

 

チーム作りというビジョンを忘れかけていましたが、私も逃げずに邁進していこうと誓います。

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内