塾長のブログ

事象と原因を考える

 

自分の生き方に悩みながらでも、自分と戦い続け、成長し続ける人は格好いいですね。

 

自分が目指す生き方、それがビジョンです。
少しでもビジョンに近づけたら、その時、誰が側にいるのだろう。
そう考えながら常に未来を見れば、辛いことも乗り越えられるのかもしれません。

 

少しでも前に進むためには、やはりサボらないと言うことです。

 

とてもレベルの低い話しに感じる人もいるかと思いますが、そう思った方は、人を育てるという観点でお読みいただけると幸いです。

 

前進し続けるためには、上手くいった時も、行かなかった時も常に、
1.起きた事象を先ず認める
2.その原因をありとあらゆる側面から探る
3.その対策を考え、先ずは行動に移す
4.上記1~3を繰り返す

 

えっ?
こんなこと?
と思う方もいらっしゃると思いますが、

 

何でそうなったの?と原因と問うと、事象を言う人が少なくありません。
何があったの?と事象と問うと、原因を言う人が少なくありません。

 

例えば、
「先月の成績はどうだった?」と聞いて、「目標数字に達しませんでした」と答えたとします。
そこで、「原因は?」と聞くと
「活動量が足りませんでした」と原因ではなく、事象を答えます。
「なぜ活動量が足りなかったの?」と聞くと
「紹介が出ませんでした」と事象を答えます。
「なぜ紹介が出なかったの?」と聞くと
「紹介依頼が出来ませんでした」とまだ事象を答えます。
「なぜ紹介依頼をしなかったの?」

 

頭の整理が必要です。

 

事象と原因が連動していないと、正しい対策は打てず、いつまでたっても足踏みをしてしまいます。
また、事象を受け入れないと、当り障りのない原因を見つけるので、対策を考えるという労力を怠る傾向があります。

 

先ずは事象を認める。→原因を追求する→対策考える→行動に移す

 

このどれかを怠ったら、来年も10年後も30年後も今日と変わらぬ日々となるのかもしれません。

 

 

♪明日、今日よりも好きになれる 溢れる想いが止まらない♪
GReeeeN キセキより

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内