塾長のブログ

自分をさらけ出してお話しします

 

最近仕事のことで、自分の将来を左右しかねない決断に迫られて、、、かなりナーバスになっていました。
過去にとった自分の行動を悔いたりしながら、何が正しいのかわからない状態が続いていたのです。

そんな時、NHKの朝の連ドラ「エール」のこんな台詞で少し救われました。
『「なぜ?」「どうして?」と自分の身を振り返っているうちは、希望は持てません。』

 

「なぜ?」「どうして?」と過去を振り返るの辞めます。

 

もう一つ、2017年3月の私のブログを偶然読んでみ返してみました。
こちらです。
↓↓↓

『リーダーの仕事は、決断することです。そして、決断とは覚悟をすることです。
一営業でも顧客の前では、リーダーシップを発揮しなければいけません。

そして、覚悟と決断があるから、顧客やマーケットがついてくるのだと思います。
だから、自分の人生に決断出来る人は、顧客をリードすることが出来ます。
そして、自分の人生を豊かにすることも出来ます。

また、誰でも人を傷付けずに生きていくことは出来ません。
人を傷つけてしまうことを恐れて、決断を遅らせてしまったり、または決断すらしなかったり、それでも結局、人は人を傷つけていくものなのかもしれません。
たとえ、誤った決断をしてしまっても、後悔せずに、反省するから、成長するのだと思います。
誰でも、決断することは、怖いものです。

決断に悩んだときは、「自分の人生のため」なのか、「自分の利益のため」なのかを考えれば、スピーディーかつ正確に判断が出来ると思います。

いつまでも決断出来ない人は、決断出来ない理由があるのではなく、決断出来ない理由を自ら作っています。』

 

このブログを今、自分に言い聞かせて読んでいます。

 

もう一度、前を向いていきます。

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内