塾長のブログ

やりたいことを仕事にする人の世界観

 

子供のころに「鉄腕アトム」を読んで、手塚ファンになったという50代、60代のおじさんは少なくないと思います。かく言う私もその一人。

 

手塚治虫氏は大阪大学医学部を卒業して、医師免許を持っているにもかかわらず、医師にならずに漫画家というやりたいことを目指します。
そんな「覚悟」と「決断」という生き方をした人だから、多くの人を惹きつけるメッセージがたくさんあったのだと思います。

 

今日は、そんな手塚治虫氏の名言を拾ってみました。
「君たち、漫画から漫画の勉強をするのをやめなさい。一流の映画を観ろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を観ろ、一流の本を読め、そして、それから自分の世界を作れ。」

 

 

この言葉は、営業の世界でもいえると思います。自分の世界観を持っている人は、人を惹きつけます。だから、私は営業のスキル本だけでなく、小説や映画などから学ぶことの重要性を塾生さんたちに伝えています。

そして、営業は名俳優のような人を惹きつける演技力はもちろん、脚本家や演出家のような人を惹きつけるメッセージ力もなくてはいけません。もちろん、照明さんや大道具さんや小道具さんの人を惹きつける見せ方の技術も必要です。

 

成果を出している人の真似は絶対に必要です。しかし、その真似から自分の世界観を作り出さなければ、いつまでも「他人の受け入れ」で話すことしかできません。
自分の世界観とは、自分なりの生き方ともいえるかもしれません。
それを私はVISIONだと思っています。
VISIONを持つと、人から何を言われようと、ブレなくなります。

 

 

今年の年末年始は旅行も帰省も断念し、自宅にいる方も多いのではないでしょうか?

そんな年末年始にお勧めの映画は、『きっと、うまくいく』です。

インド映画です。

笑えます。泣けます。考えされられます。

まさに、やりたいことを仕事にする人の世界観を教えてくれます。

 

 

2020年もあとわずかですが、引き続き、最後までよろしくお願い申し上げます。

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内