塾長のブログ

子どもに夢を与える仕事とは

 

どんな仕事でも、自分の仕事に誇りを持って働いていると、それは他人に伝わるものです。

それは、相手が子どもでもです。

そして、そんな大人に影響を受けた子どもは、将来どんな仕事に就いても、誇りをもって働き、社会に貢献するようになるのだと思います。

 

 

さて、当塾の塾生さんが先日、小学校の先生になることが夢である、ある中学生の女の子から、「生命保険の仕事」についてインタビューを受けました。

そのインタビューをもとに作成されたその子の作文が、生命保険文化センターの「中学生作文コンクール」で入賞しました。

その塾生さんの仕事に対する姿勢が、小学校の先生になることが夢の一人の女の子に勇気を与えたのです。

とても嬉しいニュースです。

 

 

個人的に、文中のこの箇所が好きです。

『小山さんのお話を伺って、私の夢を応援しようと保険をかけてくれている父や、その思いをサポートして下さっている小山さんなど、私の人生は多くの人に支えられて成り立っている。そのことに感謝し、夢を叶えたい。そしていつか、「教わるなら夕乃先生」と言われるプロになりたい。』

 

 

これからも保険の仕事を続けていく人たちだけでなく、多くの未来ある多くの子どもたちに、夢を与える仕事をし続けて欲しいと思います。

 

 

私自身、「この仕事を続けて良かった」と励まされました。

 

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

https://www.facebook.com/daruma.li/posts/1307773492890342

 

 

※FBアカウントのない方はこちら。

作文本文  https://www.jili.or.jp/school/concours/pdf/contest58_03.pdf

 

生命保険文化センター  https://www.jili.

 

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内