塾長のブログ

他人のため?自分のため?(その②)

 

先週のブログでは、「他人のため」と「自分のため」と、どちらの気持ちで生きるのか(または働くのか)がテーマでした。

 

以下は、先週のブログで記述した、あるドラマの台詞です。

・『人の役に立ちたいとかって、結局自分のためなんじゃん?』

・『あなたのおかげで助かりました、というあの言葉は麻薬です。行き着く先は、全部自分の為だ。』

・『私が走るのは100%自分のため。私が100%自分のために頑張ってることがな、巡り巡って、どこかの誰かをちょこっとだけでも元気づけられたら、それはそれで幸せやなあって思うんよ』

(先週のブログはこちら)

 

 

 

さて、私はどう考えているか…

 

 

ダルマ塾の基本理念は、

『他人の喜びをもって、自分の喜びを知る』

です。

 

これは、他人のためではなく、自分のために行動するという意味です。

そして、自分のためとは、「目先の利益」ではなく、「人生における成長」のためなのです。

 

最初から他人のために行動するのではなく、まずは自分のために行動する。

その結果の未来、他人が喜ばないのなら、自分のとった行動は間違いであって、他人が喜んでくれたら、自分のとった行動は正しいのだという言い聞かせです。

 

 

仕事とは、まずは「生計を立てるため」にやらなければなりませんが、自分の人生を充足させるため」にも努力しなければなりません。

この2つのどちらかが欠けたら、仕事していても人生はとてもつまらないものになると思うのです。

 

自分がきちんと生計を立てられていれば、心にも余裕が出て、他人を思いやることができます。

自分の人生が充足していると、他人に良い影響を与えることができます。

 

 

努力をしないで、他人の役に立ちたいは「偽善」だと私は思います。

 

しかし、「人の役に立てる人間になりたい」と思えば、成長することができ、

成長すれば、より人の役に立てる人間になれます。

 

 

人生100年時代。

私は53歳。世間では私なんかまだまだ小僧です。未熟です。

自分や家族の人生を豊かにし、周りにも影響を与えられる人間になるために、苦悩と戦ってたくさんの壁を乗り越えていこうと思います。

 

より幸せな人生が待っていると信じています。

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内