塾長のブログ

営業職として考えるべき他人の配偶者の呼び方

 

配偶者の呼び方を間違えている人が多いと、最近TVや雑誌などで見かけることがあります。

 

例えば、

妻のことを「嫁」と呼ぶ人、、、「嫁」とは息子の配偶者を言いますので、「うちの嫁さん」っていうと、息子さんの配偶者と勘違いされます。

「家内」と呼ぶ人、、、「家内」とは、男は外で働き、女は家にいるのが当たり前の時代に使われていたので、現代で使うと違和感があります。

「かみさん」と呼ぶ人、、、「かみさん」とは「上様」の変化した言葉らしく、もともとは商人の妻など「おかみさん」の「お」を取った言い方だそうです。なので、「かみさん」というと、尻に敷かれているイメージを持たれてしまいます。

「女房」と呼ぶ人、、、「女房」とは元々、宮中の使用人のことを言うらしく、これも配偶者を女中のように思っていると取られてしまいます。

最後に、「奥さん」、、、「奥さん」とは、そもそも他人の妻に対して使う敬称で、「うちの奥さん」という人は大きな間違いなのです。

 

自分の配偶者を人前では、「夫」「妻」と呼ぶのが正解でして、他人の配偶者は、「ご主人」「奥さん」と呼ぶのが通例ですよね。

 

しかし、もともと「奥さん」とは、江戸時代の「大奥」と言ったように、広い屋敷の奥にいて、人前にはあまり出ることのない配偶者を「奥方」「奥様」と呼ぶようになったのが由来です。
ですので、今の時代には合わないと思う人がいてもおかしくないですよね。

 

 

今は、夫婦の収入が同じ、または妻の方が収入が高いという家庭はざらにあります。
営業中、実際に専業主夫の家庭にお邪魔したこともあります。
そんなときは、さすがに「ご主人」「奥様」というのは違和感があるわけです。

 

では、何て呼べばいいのか…

私はこの問題の答えがずっと出ず、若い夫婦と会うときに出来る限り聞くようにしています。ですが、意外と若い人たちも、あまり気にしていないようで、普通に「ご主人」「奥さん」って言っています、というのです。

 

ところが、先日ある塾生さんにこの話をしたところ、その人は過去に一度だけ、「ご主人の生年月日を教えてください」と尋ねたところ、「そんな非常識な人には契約できません」と言われたそうなのです。

やはり、この問題はスルーできませんね。

今のようなシチュエーションであれば、「配偶者様の生年月日を教えてください」と言えばいいのでしょう。

 

 

しかしながら、通常の会話の時はどうでしょうか?
親しい人なら、下の名前で呼べますが、日本人は、会ったばかりの人をなかなか下の名前で呼ぶ習慣がありません。

 

 

正解は、夫さん、妻さん、だそうです。
でもまだまだ慣れないし、他人の配偶者さんに、「妻さん」なんて言ったら笑われそうですよね。

 

そんなときは、いちいち聞いてみるのもいいかもしれません。

例えばこんな感じで、、、
「昨今のジェンダー平等を考えると、ご主人とか奥さんとか言うのは失礼に当たるのかなと営業職として気にしていますが、どう思いますか?」

 

おそらく、ほとんどの人が気にしていないと思うのですが、1~2%の確率で嫌がる人がいるかもしれません。

 

つまらないことで、契約が白紙になるのは嫌ですよね。

 

最後に、
ジェンダー問題に限らず、現代ではLGBTへの差別に対する社会問題もあります。
「配偶者」という言い方も、人によっては嫌がる時代に入り始めています。
「パートナー」という表現もこれからは慣れておかなくてはいけないように感じます。

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内