塾長のブログ

仕事には必ず波がある

 

「苦しいときは登坂で、楽をすれば下り坂」と昔上司に教わったことを、今でも覚えています。

 

 

それからは、人生や仕事などで良いことが続いている時は、次は落ちていくものだと思うようにしています。

 

なぜならば、最近調子がいいと感じているときは「苦しくないとき」、つまり下り坂に入り始めたときだからです。

 

だから、「良いことが続いているなあ」と思い始めたときは、慢心し始めの可能性があると思うようにし、落ち切る前に気を引き締めたり、次の対策を考えたりすることで、仕事に大きな波がくることを避けています。

 

 

逆に上手くいってないときは、次は良いことがあると思うようにしています。

 

それは、仕事や人生には必ず波があり、それは自然のことだから、落ちているときは、自分のやるべきことをやっていれば必ず登坂になると。

 

 

でも、私は弱い人間なので、落ちているときは本当は不安でいっぱいなのです。
不安で自分を見失ってしまう時もあるのです。

 

だからこそ、「最近上手くいかないなあ」と思う時こそ、やるべきことや大切なことは何かを考えなければいけないですよね。
不安で足踏みしたり、嘆いていたりしては、その波は落ちていく一方ですから。

 

 

横綱白鵬が1,000勝という偉業を成し遂げたときのインタビューで、

「苦しいことをやり続けていたからこそ、美しい相撲がある」と言いました。

 

 

「苦しい時ほど上り坂。楽しているときほど下り坂。」

 

楽をせずに頑張って結果を出し続けた人だけが味わえる、ワクワクした働き方や生き方があります。

 

私もずっと一生懸命に頑張り続けます。

 

ずっとワクワク出来る環境を作り続けます。

 

自分なりの理想の人生に近づき続けていきたいものです。

 

 

 

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内