塾長のブログ

「いま、幸せかい?」

今年の冬、「男はつらいよ」が公開されます。

 

最後に放映された49作目は、渥美清さんが亡くなった翌年の1997年ですから、22年ぶりの50作目となります。

https://eiga.com/amp/news/20180906/16/

 

寅さんが渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で、こちらを向いて「いま、幸せかい?」と問いかけるポスターに考えさせられる人も少なくないと思います。

 

「男はつらいよ」や「三丁目の夕日」のような映画が受けるのは、貧乏でもすごく楽しそうで、おもいっきり生きてきたであろう、そんな時代に憧れを抱くからではないかと思います。

 

 

 

昭和の良き時代。

 

 

 

でも本当に良き時代だったのだろうか?

 

 

この時代の人たちは、もっともっと良い時代を作りたくて頑張ってきたのだと思うのですが…

 

自分たちが幸せになるために思いっきり生きて、そして未来(つまり今の私たち)の幸せのために一生懸命に働いてきたのだと思います。

 

 

 

さて、現代。

 

今、私は本当に思いっきり生きているだろうか、と問う時があります。

 

 

今の時代より昭和の良き時代を羨むことは、昔の人たちはどう思うのだろうかと問う時があります。

 

 

 

今の時代が一番いいに決まっている。

 

そう思って、今を思いっきり生き、自分自身がもっと豊かになって、そして未来の子どもたちのために更に良い時代を作る。

 

 

 

永遠の課題かもしれないですね。

 

 

 

 

 

ダルマ塾の基本理念は

 

「他人の喜びを持って、自分の喜びを知る」

 

今頑張っている事が、後に誰かの役に立ち、誰かが喜んでくれた時に、自分にとっても本当の喜びを感じる。

 

だから綺麗事よりも、自分の人生のために思いっきり生きることが大切なのだと思います。

 

今週も『今を精一杯生きよう!』の精神で頑張ります。

 

 

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内