塾長のブログ

成長の見極め方

努力していて、結果も出ているのに、自分が成長していないと不安になる時があります。

当塾塾生さんでも、私の目からは明らかに成長しているのにもかかわらず、自信を持てず相談してくる人もいます。

それは、成長をすると常に次の壁にぶつかったり、出る杭を打とうとする人が現れたりするからかもしれません。

 

 

出る杭はどうしたら打たれなくなるのか、それは打たれなくなるまで出ればいいのです。

もっともっと成長すれば、杭は届かなくなり、打たれなくなります。

しかし、その杭を今度は別の人が打ちはじめます。それは、今まで自分が見上げていた場所にいた人たち。

 

 

壁にぶつかり続けるのも、出る杭を打たれ続けるのも、何も心配ありません。

成長し続ければ当然のことなのです。

 

 

人生はらせん階段を上っているようなもの。

 

 

人の性格や習慣は簡単には変えられません。だから成長して、らせん階段を登っても同じコーナーで躓いてしまうことが多いものです。

その度に自分は成長していないと錯覚に陥りがちになります。しかし、躓くレベルも上がっているはずです。

 

 

つまり、ぶつかる壁は大きくなっているはずということです。

 

自分の躓くコーナーがどこか?その時の自分が出す感情のパターンはどうか?

 

これらの自分分析ができるようになれば、感情に振り回されることなく、確実に前に進めると思うのです。

 

そして、自分が周辺の環境が変わってきたかどうか、自分の今いる位置を知ることで、成長は見極められます。

 

成長し続けるという事は、とても幸せなことだと、私は思います。

 

 

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内