塾長のブログ

ダルマ流、幸せな人生の作り方

 

幸せな人生とは、誰かの役に立っているとか、社会の役に立っているとか感じるときではないでしょうか?

 

人の役に立つ人間になるためには、自己成長が必要だと前回のブログで呟きましたが、ブレずに頑張り続けるためには確固たる信念が必要です。

 

信念にはビジョンと理念が必要です。

 

ビジョンや理念がなくても仕事は出来ますが、満足する仕事は永く続かないと思うのです。

 

永く続く事業は社会に必要とされています。

 

それは個人も同じです。

 

社会に必要とされている人は、発展や繁栄し続けている事業のようにビジョンや理念を持っています。

 

 

 

ビジョンは後付けであってはいけないと言いますが、最初から確固たるビジョンを持って頑張る人はそう多くはないかもしれません。

 

お金持ちになりたいとか、地位が欲しいとか、自由が欲しいとか、そういった気持ちから頑張る人がいるのも事実だと思います。

 

しかし、後からビジョンに気づくことで、共感者から指示されるようになり、満足のいく仕事が永く続くようになる人がいるのも事実です。

 

これは、後付けとは違います。

 

 ビジョンとは自分がどんな人間になりたいか、どんな人生を送りたいかなどの理想像で、元々は誰でも持っているのだと思います。

 

その自分の理想をいつしか大人になるにつれ、忘れてしまいがちです。

 

 

それを思い出すことが出来れば、ビジョンを顕在化することが出来ます。

 

 確固たる生き方が出来れば、自分の存在意義もわかり、誰かの役に立っていると感じ、そのために成長し続け、幸せな人生が送れるのではないでしょうか。

 

今週も頑張ります。

 

 

塾長のブログ

一覧

最新の講座案内