決断とは

「人生において大切なのは、何を経験したかではなく、その時何を決断したかである」

これは、9代目松本幸四郎さんの言葉です。

 

幾つになっても努力し続けることは、人生を豊かにするために大切なことの一つだと思います。

しかし、努力し続けることは簡単なことではありません。人生はもちろん、仕事を続けるということは、小さな選択の連続であり、都度都度の「決断」が必要です。

「やる」と決めるだけでは足りません。「やり続ける」と決めることが大切なのです。

やり続けるためには、ほんの「小さな決断」に目を背けてはいけません。「小さな決断」にも意味があり、一つ一つきちんと決めること。この「小さな決断」の連続こそが、「決断」という習慣が身に付くのだと思います。

「大きな決断」ができない人は、普段からこの「小さな決断」を蔑ろにしているからだと思います。

確かに、他人の経験談よりも、他人の何かを「決断」した話しの方が、聴いていて楽しいと思うし、素敵だなあと思います。

 

「決断」とは、「何か」を断って「何か」を決めること。

「何か」をやり続けると決めるために、「まあ今度でいいか」とか「明日から頑張ろう」という弱い気持ちを手放さなければならないですね。

 

幾つになっても成長し続けていく人の「決断」は、心から素敵に思います。

まさに松本幸四郎さんのおっしゃる通り、「決断」こそが人生を幸せにしてくれるのかもしれません。

 

誰かの助けは必要ですが、私も逃げずに頑張ります。

 

 

過去の塾長のつぶやき一覧