因果応報。何を変えれば報いが変わるのか。

お釈迦様の教えに因果応報というあまりにも有名な言葉があります。

 

因果応報の意味を今更説明するまでもありませんが、「今起きていることは、過去の行いが原因である。」とだけ捉えてしまうと過去に縛られてしまいがちです。

しかし、「今行っていることは、未来を左右する。」と考えれば、未来にワクワクできないでしょうか。

 

過去は絶対に変えられないけれど、未来は何かを変えれば変えられるのです。

 

 

では、何を変えればいいのか?

 

私は「性格は変えられないが、思考と言動は変えられる」と仮説しています。

 

上手くいっている人たちの性格はまちまちです。

しかし、その人たちがどんな性格でも、上手くいっている人たちの考えていることやその行動は同じです。

 

例えば、

目標を絶対に達成しようと思う考え。

そのためには、人が忌み嫌うことも実践しようと思う考え。

一生の恥より、一時の恥を取ってでも成果を上げたいと思う考え。

そして、行動に移し、それらを習慣化させる。

などなど。

 

これらのことが考えられない、出来ない理由を性格のせいにしてはいけません。

本当に成し遂げたいのなら、習慣化されるまで思考と言動を変えるべきなのです。

 

 

因果応報とは、「今起きていることは過去の行いが原因であり、今の行いが未来の果報を生ずる」という意味なので、原因は行いであり、自分の性格が原因ではないのです。

だから、自分の性格を好き嫌い言って直そうとしても、因果応報とは無関係なのだと思います。

 

自分の嫌いな部分は強みにするべきです。

決して嫌いなところを好きになれというわけではありません。

性格は好きとか嫌いとかではなく、それが自分自身だと思えば、強みになる。

 

 

思考を変えるためには、まず過去を受け入れることです。

そして過去をいったん受け入れられたら、もう過去に縛られず未来に向かう。

もし、あの時のあの決断が無かったら、今の人生はどうなっているだろう。

と思うのと同じように、「もし、今この決断をしなければ、未来の人生はどうなるのだろう。」

性格を直すことよりも、このようなことを今この瞬間だけ考え、行動に移すこと。

 

 

だから、過去より今この瞬間が一番いい人生だと常に感じられるだと思います。

 

 

 

 

塾長のつぶやき一覧