プロ意識とアントレプレナーシップ

 

スポーツ選手、芸能人のようなプロと言われる職業はファンの数によって評価されるように、セールスの成果もファンの数によって大きく左右されます。

 

ファンとは、直接的消費者(お金を払う人)だけではありません。

 

頑張っているのに、なかなか成果を上げないセールスは、直接的消費者しか見えていません。しかし、常に成果を出しているセールスは直接的消費者以外にもファンが沢山いて、その人たちを大事にしています。

 

長年のマネージメント経験の上で、私は成果を上げている多くのセールスの共通点に気づきました。

 

それは、

1.万人受けすること(=人脈を持っている)

2.特定の人に好かれること(=マーケットを持っている)

の2つの要素を持っているということです。

 

これは一見、相反するものですが、どちらも欠かせない要素なのです。

万人受けしかしない人は、単なる良い人で終わってしまったり、人脈はあるのにそれを生かせなかったり、ファンを作るのとは少し違うのかもしれません。

 

逆に特定の人にしか好かれない人は、人間関係の幅が狭いため、セールスにおいては少し厳しいかもしれません。

 

 

 

万人受けするには、礼儀、礼節、敬意、気配り、心配り、笑顔などが大切で、特定の人に好かれるには、個性をどう表現するかが大切だと思います。

 

このことは、与えられた仕事しか出来ない人には、理解しようとはしません。

アントレプレナーシップ、つまり起業家精神が必要で、プロ意識が欠かせません。

 

 

これは、長島茂雄さんの言葉です。

『プロ意識を持て、自分の個性、長所をアピールせよ、いつもプラス指向でいけ。』

 

 

今週も頑張ります。

 

 

塾長のつぶやき一覧