見込み客リストの作成にも心を込める

仕事が上手くいっている人は「頭」と「心」を使っています。

 

「頭」とは「知恵」です。

 

「知恵」は事業の発展を助けます。

営業でいえば、見込み客やマーケットをどう拡げていくか。またどのようにアプローチし、どのように見込み客やマーケットを惹きつけるかということなどなど。

 

「心」とは至誠です。至誠は顧客満足度の向上に繋がります。

 

「頭」を使えば、稼ぐことは出来きますが、「心」を使わなければ、長く継続することは出来ないということです。

 

 

顧客満足度を上げるためには、心を込めて顧客やマーケットのニーズを考えることが大切です。

 

また、見込み客リストの作成一つにも、顧客満足度を上げるという発想は必要だと思います。

例えば、断られるのが恐いから、仲良くなってから営業するという人がいますが、そういう人は実は行きやすい人のところにしか行ってないことが多いです。だから見込み客リストも「とりあえず簡単に会ってくれそうな人」ばかりです。これではいつになったら営業出来るのでしょうか。仲良くなったとたんに営業される側も、「あー、そのために近づいてきたんだ」と思いますよね。

 

契約して欲しいから相手に近づき、仲良くなってからアプローチしないと相手に失礼といった考えは、一見相手を思いやっているように思いますが、結局のところ契約欲しさならば、仲が良い人にも、知り合ったばかりの人にも、見込み客になりえるのなら、堂々とビジネスとしてアプローチするべきだと私は思います。実際、その方が本当に顧客目線で考えられるのではないでしょうか。

 

ビジネスは売り手と買い手の双方に利益がなければ成立しません。

仲良くなることと、顧客満足度を上げることは別物です。

 

ビジネスは自分目線と顧客目線のバランスが必要です。

ただ成果を上げるだけの自分目線しかない仕事の仕方より、双方の利益をバランスよく考えた仕事の成果には満足感や達成感があるはずです。

 

仕事は生きていくための手段ですが、ただ生きていくために働くのではなく、少しでも良い人生を送るために「頭」と「心」をたくさん使って仕事をすること。そのことが、仕事を通じて人を成長させ、そのたくさんの経験が、結果的に顧客満足度を上げることが出来るのだと思います。

 

ですから、仕事において、少々辛いことがあって、いちいち気にして、「頭」と「心」を使うことを止めてしまったら、何も得られません。

 

人生にゴールがないように、仕事にもゴールはありません。

 

常に成長をしていくこと。

そうでありたいです。

 

これからも精進します。

 

 

 

塾長のつぶやき一覧