人の心を動かす思考と言動

お釈迦様の教えの一つに、「諸法無我」という言葉があります。今から数年前、この「諸法無我」という言葉に出会って私の人生は変わりました。

当時、私がダルマ塾を立ち上げたいと思ったのも、その「諸法無我」の考え方と、私が今までに培ってきた経験値を融合したら面白いと思ったからです。

 

「諸法無我」とは、かなりざっくりですが、「そもそも自分はこの世に存在しない、だからその自分の存在に執着するよりも、自分という存在を消せば、他人に振り回されずに、自信と安定した環境が作り出せる」と私は解釈しています。

釈迦

しかし、自分の存在を消すなんて、私にはそんな超人的なことなどなかなか出来ません。

 

そこで、こう考えました。

 

人生をドラマに例えると、自分のドラマの主役は自分です。

家族や友人、仕事関係の人たちなどは、助演や脇役として出てくるのです。

 

逆に、その人たちのドラマの中では、自分は助演か脇役となります。

もっと言うと、世界に約73億の人が存在するならば、約73億のドラマが存在するわけで、そのほとんどのドラマの中には自分は登場すらしないわけです。

 

自分の存在に執着しないように心掛けるとは、他人のドラマの中で自分がどんな役で登場したいか、という執着を手放すことです。

他人のドラマでは、自分は登場しないのだと思えば、「自分の存在を消す」ことができ、他人や環境に左右されないブレない目標設定を作り出せるのだと思います。

sprout-1136131_960_720

ダルマ塾でお伝えしている、自分のビジョンを考えることとは、目指す理想の人生観、人間像を考えることです。それは、どんなドラマを作りたいか、そのドラマでどんな役を演じるかを考えることだと思います。

 

どんなに小さなドラマでも、脚本、演出、配役、そして、自分の役作りなど、全て自分が一生かけて考え、自分なりのドラマを作り続けること、それが、観客の心を動かすのではないでしょうか。

 

ビジョンに近づくために、決断をし、行動し続けていれば、他人の心を動かします。

 

 

深く知りたい方、ご興味を持たれた方はダルマ塾に是非お越しください。

 

 

 

塾長のつぶやき一覧