働く理由と頑張る理由

人は何のために働くのか。私は人が働く理由には、2つあると思っています。

一つは「生きて(食べて)いくため」です。

これは動物である以上、当然のことであり、目を背けることは出来ません。

虎

もう一つは、人生を豊かにするため。

 

豊かな人生とは、幸せだと思えること。

幸せの定義は、人それぞれですが、

「誰かの役に立っている」と感じるときは、多くの人が幸せだと思うでしょうし、「誰か」の数が多くなれば、「社会の役に立っている」と感じるようになり、自分の存在意義を感じるようになると思います。

 

よくモチベーションを維持するにはどうしたらいいか?という相談を受けます。

「誰かの役に立っている」→「社会の役に立っている」に仕事を通じて自分を成長させようと思えば、モチベーションを維持することが出来ると思います。

 

モチベーションとは、辞書によると「動機付け」と書いてあります。

自分の存在意義を見いだすことが、頑張る動機付けになるのではないでしょうか。

存在意義を見いだしてから頑張ろうとする人がいますが、迷っていたら前には進みません。

 

悩みながらでも、考えや行動を止めなければ、少しずつ幸せな人生に近づきます。

ゴールのない

しかし、ゴールはありません。

だから、私は頑張り続けることが大切なのだと思います。

 

一生勉強、一生仕事、

そう思って、今週も頑張ります。

 

 

塾長のつぶやき一覧