手塚治虫が教えてくれる幸せになる方法

子供のころに「鉄腕アトム」を読んで、手塚ファンになったという50代、60代のおじさんは少なくないと思います。かく言う私もその一人。

手塚治虫氏は大阪大学医学部を卒業して、医師免許を持っているにもかかわらず、医師にならずに漫画家を目指します。

そんな「覚悟」と「決断」という生き方が、多くの人を惹きつけるメッセージをたくさんいただけたのだと思います。

無題

今日は、そんな手塚治虫氏の名言を拾ってみました。

「君たち、漫画から漫画の勉強をするのをやめなさい。一流の映画を観ろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を観ろ、一流の本を読め、そして、それから自分の世界を作れ。」

この言葉は、営業の世界でもいえると思います。自分の世界観を持っている人は、人を惹きつけます。だから、私は営業のスキル本だけでなく、小説や映画などから学ぶことの重要性を塾生さんたちに伝えています。

そして、営業は名俳優のような人を惹きつける演技力はもちろん、脚本家や演出家のような人を惹きつけるメッセージ力もなくてはいけません。もちろん、照明さんや大道具さんや小道具さんの人を惹きつける見せ方の技術も必要です。

 

成果を出している人の真似は絶対に必要です。しかし、その真似から自分の世界観を作り出さなければ、いつまでも「他人の受け入れ」で話すことしかできません。
自分の世界観とは、自分なりの生き方ともいえるかもしれません。

それを私はVISIONだと思っています。
VISIONを持つと、人から何を言われようと、ブレなくなります。

6080261454_ef522c226b_b

手塚氏はこんな言葉も残しています。

「医者は生活の安定を約束していた。しかし、僕は画が描きたかったのだ。」

こういう考えが、人の人生が変わるスタート地点なのかもしれません。

 

「最後まで努力をするってのが、本当の生きがいなのではないでしょうか。」

そして、続けること。

 

「名声も財産もできてあぐらをかいてしまうと、逆に面白くなくなるわけです。」

いくつになってもチャレンジし続けて成長すること。

 

「人間は、生きている間に、なぜもっと素晴らしい人生を送らないのかなぁ。素晴らしい満足しきった人生を送れば、死ぬときにそんなに苦しまなくたっていいんだろうなぁ。」

成長し続けていくことこそが、素晴らしい人生を送ることで、その状態で死ねることが、結局のところ人生の最終ゴールなのだと思います。

 

 

 

「40年間負けん気でもってたみたいなもんです。逆に言うと、劣等感や怯えがあったから、続いたとも言えるんですね。」

「人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。」

私は劣等感こそが頑張る原動力になるのだと思います。だからこそ、
本当の自分を知り→その自分を認め→そして、その自分を信じることが、自信となり、 人生を変えるスタート地点から、幸せな人生を送るゴールに辿り着くのだと、心から信じています。

 

 

塾長のつぶやき一覧