洗脳がビジネスを左右する?

今でこそ、「生命保険の営業を一生の仕事にしたい」と、自ら志願してくる人が増えてきましたが、一昔前は生命保険営業は、今よりも嫌われる時代でした。
私が保険業界に入った2001年も、少なからずまだそんな時代。生命保険の営業をしていく中で、たくさんの友人を失いました。

 

「どうしたら友人や見込客に思いが伝わるか」、かつ「嫌われないように」・・・
そんな気持ちが、「ただ成功したい」という自分よがりな考えにさせたのだと思います。

 

「自分の仕事の素晴らしさ」を信じることは大切です。しかし、人から仕入れた情報(仕事のすばらしさ)を単に信じて商談に臨むのではなく、自分の仕事を自ら好きになれ、心から信じて商談に臨むと友人(見込客)は逃げていかず、たくさんの友人(応援者)と出会います。
その友人こそが財産です。
自分の仕事の好きなところ、誇りに思えるところ、そして自分の仕事の歴史や未来が語れると、長く仕事で成果を出し続けられるのだと思います。

 

仕事が上手くいくためには、洗脳はとても大事です。

無題

しかし、人から洗脳されるのではなく、自ら自分を洗脳させられなければ、自分の人生をコントロールすることは出来ません。

 

そのためには、
その仕事が誰に喜んでもらえるか(誰の役に立っているか)を知っていること。
そして、常に自分を第三者として見ること。
自分なりの善悪の分別があること。
その仕事の努力の先に、自分の人生が変わるイメージを強く持てること。そして、社会が変わるイメージを強く持てること。
そうすれば、人から何を言われようが頑張れるのです。

shadow-1752731_960_720

嫌われることを恐れたり、厳しい試練から逃れたりしていたら、前に進めずいつまでも同じ人生を送っています。

 

失った友人は取り戻せませんが、これから新しい人生を築くことはいつからでも可能です。

詳しくは、ダルマ塾にて。

 

私も頑張ります。

 

 

塾長のつぶやき一覧