稼ぐことは悪なのか?善なのか?

なぜ日本人は稼ぐことを悪と思うのか?

日本には、無尽(むじん)や頼母子(たのもし)といった風習がありました。
これは生命保険の根幹にある相互扶助の精神の原点になるものです

そういった昔からの習慣から、稼ぐということが、独り勝ちを意味し、忌み嫌うのかもしれません。

money-1305135_960_720

稼ぐことは本当に悪なのでしょうか?
本来、稼ぐとは「一生懸命に働く」という意味だそうです。

稼げるということは、多くの人に、お金を出してでも必要とされていることを意味します。
だから、一生懸命に働けるのだと思います。

また、一生懸命働いたお金を何に使うか、も問題です。
自分のために使うか、誰かのために使うか。

paper-and-a-pencil-1467185321xpS

私ももう50歳。
でも、まだ50歳。
常に身の丈にあった立場で、今を一生懸命働きながら、少しずつ会社を大きくし、多くの人に「一生懸命に働く場」を提供していきたいと思います。

まだまだ精進します。

 

 

塾長のつぶやき一覧