贅沢と貧乏

石原慎太郎さんの本に、贅沢の反対は貧乏か、あるいは質素か。という一節があります。

貧乏を辞書で調べると、「収入・財産が少なくて、生活が苦しいこと」
質素を辞書で調べると、「贅沢せずに、簡素に生活すること」
と書いてあります。

つまり、質素でも心が豊かであれば贅沢な訳で、収入・財産の多少は関係ありません。

 

5872813587_7729b2f20b_b

 

しかし、心の贅沢を味わうためには、心を鍛えなければいけないと思うわけでして、心(精神力)を鍛えるには、何かを乗り越えるくらいの努力が必要なのは言うまでもありません。
この努力で一番取り掛かりやすいのは仕事ではないでしょうか。
なぜならば、仕事は嫌でも毎日しなければいけないことだから。

 

14360490203_28d06c0b76_b

 

お金のために働くのではなく、何かを乗り越えるくらい一生懸命に働いた結果、その先に得られるものが、

1.お金

2.人脈

3.時間

4.人格(人間性)

だと思うのです。

 

頑張って、心の贅沢を手に入れたいものですね。

今日も頑張ります。

 

塾長のつぶやき一覧