仕事に波があると悩む人へ

仕事などで良いことが続いている時は、次は落ちていくものだと思うようにしています。

また、逆に仕事の成果が落ちてしまった時は、次は良いことがあると思うようにしています。

それは、仕事や人生には必ず波があるものだと思っているからです。

一見後ろ向きに聞こえる方もいるようですが、実は前向きに私は考えています。

 

arizona-86966_960_720

 

私は弱い人間なので、良いことが続くと、ついつい油断してしまいがちなのです。

だから、「良いことが続いているなあ」と思い始めたときは、慢心し始めの可能性があると思うようにし、落ちる前にあえて気を引き締めたり、次の対策を考えたりすることで、仕事に大きな波がくることを避けています。

落ちる前に対策を打っていると、長い目で見れば確実に成果は上昇していきます。

 

昔、毎週3件のご契約を連続してお預かりしていた時も、現在D&Liを経営していく上でもこの思考は大切にしています。

 

また、「最近上手くいかないなあ」と思う時に、不安で足踏みしたり、嘆いていたりしては、その波は落ちていく一方です。

しかし、自分のやるべきことをやっていれば、その波を出来るだけ小さくすることができますし、未来を信じることが出来ます。

 

 

人生には必ず波があるものだと思っています。

その波に無理に逆らうのではなく、常に危機感を持ちながら、やるべきことをする。

そのことで、大きな波にのまれず、少しずつでも確実に結果を出し続けられるのだと思います。

 

seagull-375567_960_720

 

先日、横綱白鵬が史上3人目の1,000勝という偉業を成し遂げました。

その今場所初めのインタビューで、「苦しいことをやり続けていたからこそ、美しい相撲(←人生って言ったかもしれませんが・・・)がある」と答えました。

 

「苦しい時ほど、上り坂。楽しているときほど、下り坂」

楽をせずに頑張って結果を出し続けた人だけが味わえる、ワクワクした働き方や生き方があります。

 

私もずっと一生懸命に頑張り続け、

ずっとワクワク出来る環境を作り続け、

自分なりの理想の人生に近づき続けていきたいものです。

 

 

塾長のつぶやき一覧