「働かざる者食うべからず」の本当の意味

「働かざる者食うべからず」

は新約聖書にある一節だそうですが、正しい翻訳は、

「働こうとしないものは、食べることもしてはならない」

だそうです。

つまり、働きたくても働けない人は、これには該当しないということ。

 

bible-1166261_960_720

 

では、働けるのに働こうとしない人とは?

 

 

働く・・・つまり「仕事」とは、「仕えること」

これは、誰に仕えるか、これが問題なのです。

 

 

人の幸せとは、社会の役に立っていると感じる時だと思います。

であるならば、仕事は「社会に仕える」ことこそが、仕事のみならず、人生を充実させることだと思うのです。

 

 

私は准認定ファンドレイザーの資格(※)を持っていますので、その観点からも、

営利団体だけでなく、非営利団体やボランティア団体も、「社会に仕える」という意味で、必要資金をきちんと稼がなければいけないと思うのです。

 

 

お金を稼ぐことを、悪としがちなのが日本人のようですが、

お金とは、人々が生きていくために必要な「モノ」を手に入れるための、いわば約束手形のようなもの。

 

 

もし、あるボランティア団体が「私は社会に役に立つためにこの事業をしているわけで、お金を稼ぐためにこの事業をしているわけではない」と言って資金集めを後回しにしたとしたら…

本当にお金がなくて、誰かの役に立てるのでしょうか?

 

drink-864958_960_720

 

営業も同じ。

非営利団体の資金獲得は、営業でいう顧客獲得。

顧客が増えなければ、売上は上がらない。

売上が上がらなければ事業は成り立たない。

事業が成り立たずして、なぜ社会に貢献できるのでしょうか?

「稼ぎたいとは思わない。いい仕事をしたいだけだ。」と言って、結局は自分のペースで仕事がしたいだけの人がたくさんいるように思います。

 

 

自分のミッションを遂行すればいいだけなのに、やるべきことをしない。

これは、単なる怠慢で、

これこそが「働かざる者、食うべからず」

の本当の意味なのだと思います。

 

社会に仕える気持ちで「仕事」をすれば、どんな業種でも、どんな職種でも、社会に役に立つ仕事ができ、自分も周りも幸せになれるのだと、そう信じたいです。

 

私も不安な気持ちで押しつぶされそうになることもありますが、決して背伸びせずに、やるべきことを信じて、さぼらず働き続けていこうと思います。

 

(※)準認定ファンドレイザー  http://jfra.jp/cfr/acfr_list

 

 

塾長のつぶやき一覧